フェイスローラーの種類

美容目的のフェイスローラーといえば、私の世代ではまずゲルマニウムローラーが思い浮かびますす。
宣伝広告にでていらした大女優さんの肌が、お年に対して本当に若々しく美しかったのは、かなりの説得力でした。
最近では、フェイスローラーも形状や材質もバラエティに富み、お値段もお手頃価格から高級品と呼んでいいものまで揃っています。
共通しているのは、電源等がいらないので、いつでもどこでも気軽にころころできるという利便性。
テレビをみながら、読書をしながら、ものによってはお風呂にはいりながらでもokという「ながら美容」に対応できるの点も人気のポイントでしょう。
現在販売されているフェイスローラーの中でも、ゲルマニウムローラーはやはり不動の人気を誇っています。
材質は、劣化しづらく、水に濡れても使用できるということから、プラチナやステンレス、セラミック、アルミ等が使われていることが多いです。
ゲルマニウムやセラミックによる遠赤外線効果、微電流の効果など、金属系のフェイスローラーはまさに「転がすだけで美肌」といった効果が得られるのがメリットです。
お値段は美顔器としてみてもそこそこ高い部類に入ると思いますが、自宅でエステ並みのケアができると評判です。
顔だけではなく、全身に使えるのがウリの商品もありますが、全身用だと肝心の顔に使うときにやりづらいと感じることもあるようなので、目的に合わせて選ぶことが大事です。
材質については、金属アレルギーの人は注意する必要があります。
金属アレルギーはすぐにあらわれる場合もありますが、使っているうちにだんだんと発生する場合もあるので、アレルギー体質の人は、金属系のフェイスローラーを購入する前に、皮膚科等でアレルギー検査をしておくといいかもしれません。
また材質によっては油分と併用できないものもあります。
金属アレルギーの方でも使えるフェイスローラーには、プラスティックやABS樹脂のものがあります。
こちらはゲルマニウムのように素材自体に美肌効果があるといった種類のものではなく、マッサージに特化してつくられているものです。
形はバリエーションがありますが、トレンドは、ふたまたに別れたローラーでエラをはさむようにし、バネを利用してフェースラインをマッサージして、二重あごを防いだり小顔効果を狙ったりするタイプ。
ちょっとおもちゃっぽくも思えるかもしれませんが、自分の好みにあった強さのものがみつかると、病み付きになるくらい気持ちいいです。

Write a Comment

Comment

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)